ニキビ治療(皮膚科)

  • HOME>
  • ニキビ治療(皮膚科)

繰り返す“ニキビ”にお悩みの方へ

「しつこく繰り返すニキビに悩んでいる」「化粧品やエステを試しても一向にニキビが治らない」といったお悩みはありませんか?
当院では、保険診療をはじめとした根本的なニキビ治療を行っています。また、自由診療によるニキビ治療のご案内も可能であるため、患者様ご自身に合った治療法を選択していただけます。ニキビにお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

肌悩みの王道、ニキビとは?

男女共に肌悩みの上位として常に君臨しているニキビですが、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざしょう)という名の立派な皮膚病の一つです。主に、皮膚の毛穴が皮脂や角質で詰まって炎症を起こしたものを指します。

ニキビ発生のメカニズム

ニキビが発生する主な要因として、皮脂腺の異常な働きや毛穴の詰まりによる炎症などがあります。通常、皮膚の潤いを守るために存在している皮脂腺ですが、何らかの原因により皮脂腺が過剰に皮脂を分泌してしまう場合があります。皮脂の異常分泌により、毛穴が詰まり、そこで細菌が増殖することで炎症を引き起こし、ニキビができます。

主な原因
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足、不規則な生活
  • 肌に合わないスキンケア
  • 便秘
  • 乾燥肌
  • 喫煙、飲酒

など

ニキビの種類

ニキビは進行具合によって見た目が異なります。

白ニキビ

毛穴が閉じた状態で皮脂や角質が詰まり、小さく盛り上がった状態です。この時点では、炎症はまだ起きていないため、痛みや赤みも出ていません。とはいえ、無理矢理潰したり、触ったりすることはやめましょう。

主な治療法
  • 抗菌薬(内服・外用)
  • 過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)
  • ケミカルピーリング
  • ハイドラジェントル

など

黒ニキビ

毛穴が開いた状態で皮脂や角質が詰まり、酸化して黒く見える状態です。まだ炎症は起きていませんが、

酸化した皮脂の頭が黒く見えて目立ちます。そのため、気になって触ってしまう方も多いですが、炎症を起こしてしまう原因となってしまうのでやめましょう。

主な治療法
  • 抗菌薬(内服・外用)
  • 過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)
  • アダパレン(ディフェリンゲル)
  • ケミカルピーリング
  • レーザーフェイシャル
  • ハイドラジェントル

など

赤ニキビ

皮脂や角質で詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖し、中で炎症が起きている状態です。初期段階のニキビとは違い、痒みや痛みなどの症状も出てきます。赤く腫れ上がってしまうため、メイクで隠す方も多いですが、悪化を招く原因となってしまうのでお勧めしません。また、赤ニキビまで進行した場合は、ニキビ跡が残りやすくなります。

主な治療法
  • 抗菌薬(内服・外用)
  • アダパレン(ディフェリンゲル)
  • 過酸化ベンゾイル+抗生剤(デュアック)
  • 過酸化ベンゾイル+アダパレン(エピデュオ)
  • 低用量ピル、スピロノラクトン
  • イソトロイン
  • ダーマペン4

など

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が更に進行してしまい、毛穴が化膿して膿が溜まっている状態です。大きな炎症を起こしている状態であり、周囲の皮膚組織にも影響を与えます。黄ニキビは悪化したニキビの最終形態であり、ニキビ跡が残る可能性もかなり高いといえます。

主な治療法
  • 抗菌薬(内服・外用)
  • アダパレン(ディフェリンゲル)
  • 過酸化ベンゾイル+抗生剤(デュアック)
  • 過酸化ベンゾイル+アダパレン(エピデュオ)
  • 低用量ピル、スピロノラクトン
  • イソトロイン
  • ダーマペン4

など

ニキビ跡

ニキビが潰れ、治った後に色素沈着やクレーターなどとして跡が残る場合があります。赤ニキビや黄ニキビなど、炎症を伴うニキビの場合はニキビ跡を伴うことが多いです。皮膚の深層までダメージを受けてしまうことから、自然にニキビ跡が消えることは難しいでしょう。

主な治療法
  • ケミカルピーリング
  • ダーマペン4
  • マッサージピール
  • レーザーフェイシャル
  • ハイドラジェントル 

ニキビは改善できる皮膚疾患

ニキビは手強い皮膚疾患であり、年齢性別問わずお悩みの方も多いです。しかし、生活習慣の見直しや自分の症状にあった治療を行うことで、ニキビ肌の改善を目指すことが可能です。ONE CLINIC梅田では、一人ひとりの症状を細かくヒアリングし、ニキビの発生する原因に沿った最善の治療法をご提案いたします。ニキビ・ニキビ跡でお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。 

Web予約

TEL

友だち追加LINE

share