医療アートメイク

  • HOME>
  • 医療アートメイク

アートメイクとは

アートメイクは持続性の高いメイク法で、持続性のある落ちにくいメイクのことをいいます。
一般的に刺青と混同されがちですが、刺青が真皮層に対して色を入れるのに対して、アートメイクは皮膚表面に色を施すため、数年で薄くなります。この特性を利用し、流行やご自身の事情に合わせて色やデザインを調整できます。

 

当院のアートメイクスタッフはBiotouch Japanで訓練を受けた専門家で、施術は安心して受けられます。

アートメイク専門サイト

施術の流れ

施術の流れは以下の通りです

カウンセリング(15分)

麻酔(15分~20分)

施術(2~3時間、部位によって異なります)

施術後の経過

施術後の経過は次のようになります

術後すぐは肌に大きな変化はありません。

3日目からかさぶたができ始め、眉が濃く見えます。痒みが伴うこともありますが、かさぶたをはがしてしまわないよう注意が必要です。

4日目からかさぶたが取れ始め、色味が落ち着いてきます。

7日目にはかさぶたが取れ、色が肌にしっかりと馴染んでいます。

アートメイクでよく頂く質問

コンタクトレンズをつけたままでも大丈夫ですか?

アイラインの施術を受ける方は、施術前にコンタクトレンズを外していただいております。必要なものとして、レンズケース、保存液、眼鏡などをご持参ください。また、施術後のコンタクトレンズの使用は3日程度お控えください。

妊娠中・授乳中でも自己責任でできませんか?

大変申し訳ありませんが、妊娠中および授乳中の期間はホルモンの関係で色の定着が難しく、施術をお断りしております。

施術時間はどれくらいかかりますか?

カウンセリングの時間を含めると、施術メニューによって2~3時間半程度のお時間を要します。

1回だけの施術でも大丈夫でしょうか?

個人差がありますが、アートメイク施術が初めての方は、初回の色の定着率は約30%程度です。稀に1回目の色が完全に抜けることもあります。理想の仕上がりを得るには通常2~3回の施術がお勧めです。

2回目の施術はどれくらいの期間を空ければ良いですか?

最低1ヶ月以上間を空け、3ヶ月以内を目安にお越しください。

アートメイクを施術するとMRI検査が受けられなくなるのですか?

MRI検査(磁気共鳴画像診断装置)を受ける際、刺青(タトゥー)やアートメイクの有無を聞かれることがあります。アートメイクの染色色素には微量の酸化鉄が含まれていますが、一般的にMRI検査に支障をきたすほどの量ではありません。しかし、気になる場合は施術前に検査を受けることをお勧めします。

肌が弱いのですが、どんなデメリットがありますか?

肌が弱い方は、施術後に赤みや腫れが出ることが稀にあります。当院では医師が常駐しておりますので、もしトラブルが発生した場合はすぐにご相談ください。

アートメイク専門サイト

ONE CLINIC梅田ではアートメイク専門サイトもご用意しております。

より詳しくご覧になりたい方は、ぜひクリックしてください。

Web予約

TEL

share