ドクターズインタビュー

ONE CLINIC 梅田 院長

Kazuhiro Awai

  • HOME>
  • ドクターズインタビュー

麻酔科医として長年のキャリアを積んだ後、

2021年に個人クリニックとしてONE CLINIC 梅田を開業された粟井一博院長。

院長の医療に対する想いなどをお伺いしました。

interview 01

医療の世界に魅了され、

親や親戚など、身近に医療の仕事に就いている人がいる中で、自然と医療の世界に魅了されていきました。少しでも早く一人前の医師として現場で役立ちたかったことや、ペイン外来や救急医療などの広い領域で活躍したいという思いから麻酔科医を志しました。大学を卒業後、京都各地の病院で麻酔科医としてのキャリアを積み、数々の症例を経験しました。そこで一番学んだことは、技術だけでなく患者様の不安を取り除きながら、一人ひとりに寄り添った医療を提供することの大切さです。どの医療の現場でも言えることですが、患者様の状態をしっかりと見極め、必要な医療を安全かつスピーディーに届けることが医師としての役目であると思っています。

interview 02

クリニックの開業と

私が自分のクリニックを開業する時は、美容診療を必ず取り入れたいと考えていました。世間の美容に対する需要の高まりや、麻酔科医としての経験や知識を役立てられることに大きな価値を感じました。美容治療を受ける中で、多くの患者様が心配しているのは「痛み」です。その痛みを軽減し、安心の治療を提供するには、自身の麻酔科医としてのキャリアは十分に活かせられると思いました。痛みに敏感な方でも、安心して身を任せられるクリニックを目標に美容医療をはじめました。もちろん、私自身もひとりの患者として美容医療に高い関心があります。内服薬を使った医療ダイエットに挑戦したときは、無事に目標まで体重を落とすことができました。医師である私が身をもって美容医療を体験することも、患者様へ寄り添った医療提供に欠かせないことだと思います。

interview 03

患者様の安全・安心のために

医師である私はもちろん、美容治療を行うナースや受付スタッフも含め、皆が一丸となって患者様に寄り添った気持ちを持つことが大切だと思っています。既往歴やアレルギーに配慮した診療やカウンセリングはもちろん、治療後のアフターケアも大切にしています。万が一、治療後にトラブルが起きてしまったとき、クリニックの医師に直接相談ができたら安心ですよね。例えば、治療が無事に終わり自宅に帰ったものの、治療部位に違和感が残っていたりダウンタイムの症状が酷く続いていたりなど、患者様にとってその時間はずっと不安で仕方がないと思います。患者様の目線に立ち、安心できる方法がないかと模索した時に、24時間対応のLINEサポートを思いつきました。すぐに繋がる窓口が一つでもあれば、患者様もクリニック側である私たちも安心できます。LINEサポートは、医師である私が全て内容をチェックし、返信することで、患者さんのお悩みを一つずつ解消しています。

interview 04

気軽に通えるクリニックを

ONE CLINIC梅田では、働く全てのスタッフが患者様の想いをしっかりと受け止め、安全安心の医療を提供できるように日々心がけています。美容医療はついつい敷居の高いイメージを持たれがちですが、当院では誰もがスマートに通えるクリニックを常に目指しています。初めての美容医療、手軽な治療を試したい方など、いつでもお気軽にご相談ください。 

Web予約

TEL

友だち追加LINE

share