ルミガン

  • HOME>
  • ルミガン

ルミガンは、日本で緑内障治療に使用される薬剤で、まつ毛の育毛剤としても利用されています。
この薬をまつげに塗布することで、まつげが長く、太く、濃くなる効果が期待されます。通常、夜に1回塗るだけで効果が得られます。1本のルミガンは約1カ月分の使用ができます。

副作用

副作用として、以下の症状が報告されています。

  • 結膜充血
  • 目やに
  • 色素沈着
  • かゆみ
  • 紅斑
  • 目の痛み

また、目のまわりの皮膚が黒ずみ、まつ毛周辺で多毛が見られることもあります。必要のない箇所に塗布すると、黒ずみが目立つ可能性があるため、上まつ毛にのみ使用することが大切です。

 

一部の人は、ルミガンを使用した際に、結膜充血、かゆみ、目の痛み、涙、目が眩しく感じるなどの症状を経験することがあります。ただし、これらの症状は通常、一過性のもので、ルミガン自体が点眼液であるため、重大な問題はまれです。

症状がひどくなった場合、ルミガンの使用を中止し、必要に応じて眼科医に相談してください。

Web予約

TEL

友だち追加LINE

share