PRP自己多血症血漿注入療法(ACR療法)

PRP療法とは

PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法は、患者自身の血液から採取した血漿を濃縮し、高濃度の血小板を含む血漿を注入することで、組織再生を促し、しわやたるみなど外見の改善を目指す再生美容治療です。PRP療法は、歯科や整形外科などの医療分野でも利用され、成功を収めています。

整形外科分野では、組織再生に効果的な成長因子を含むPRPを抽出し、体の損傷した部分に注射する治療法です。PRPには多くの成長因子が含まれており、注射された部位の治癒促進や痛みの緩和が期待されます。これらの成長因子は、細胞の活性化や増殖を促進し、新しい組織やコラーゲンの生成を支援します。

PRP療法の成長因子

成長因子は、細胞の活性化と増殖を促進する役割を果たします。これらの成長因子は多種多様で、血小板に含まれるものには次のようなものがあります。

 

FGF(線状増殖因子)

組織修復やコラーゲン、ヒアルロン酸の生成を促進します。

 

EGF(上皮成長因子)

皮膚、粘膜などの上皮細胞の成長を刺激し、血管新生や傷の治癒を促進します。

 

PDGF(血小板由来増殖因子)

細胞の増殖、血管新生、血管修復、コラーゲン生成を助けます。

 

VEGF(血管内皮増殖因子)

血管内皮細胞の増殖や新生を促進します。

 

TGF-β(変形成成長因子β)

上皮細胞、血管内皮細胞の増殖や新生、傷の治癒を刺激します。

 

これらの成長因子は、傷の治癒や細胞再生、コラーゲン生成などにおいて効果的で、血管や肌の若返りに貢献します。

PRPキットについて

当院では、安全性が確認されたMyCells(マイセル)というPRP作成キット(Kaylight社製)を使用しております。このキットはアメリカのFDAおよびヨーロッパCEマークの認証を受けており、日本の厚生労働省に相当する機関による認定も取得しており、非常に高い安全性を誇っています。採血からPRP作成まで閉鎖チューブ内で行われるため、異物や細菌の混入の心配がありません。

スポーツによる怪我の治療

スポーツによるけが、例えば肉離れ、靭帯の損傷、腱炎などに対して、PRP療法を行います。この治療は、体に負担をかけずにけがや障害を修復し、損傷した組織の再生を促進することを可能にします。

PRP療法が効果的な治療対象には、代表的なけがや疾患が含まれており、肉離れ、靭帯損傷、腱炎、捻挫、半月板損傷などがあります。

慢性的な体の痛みを軽減・解消する治療

慢性的な肘や膝、腰の痛みを抱える患者に対しても、PRP療法を行うケースがあります。例えば変形関節症の患者においては、PRP療法によって関節部位の組織生成や修復が促進され、これが痛みの緩和や解消に寄与します。同様に、腰椎椎間板ヘルニアの患者では、椎間板の一部が変形し神経を圧迫することが原因で生じる痛みがあります。PRPを神経組織に注入することで、組織の修復が促進され、痛みが緩和される可能性があります。治療やリハビリが効果を実感しにくいと感じる方でも、PRP療法によって症状が改善されることがあります。
PRP療法が適用される主な症状には以下が挙げられます。

関節の痛み 変形性関節症(肘、膝、指、足、股関節など)
腰の痛み 腰椎椎間板ヘルニア
多裂筋変性
肩の痛み 四十肩
五十肩

 

PRP療法の効果

薄毛や抜け毛にも有効

PRP療法は薄毛や抜け毛にも有効です。希望する部位にPRPを注入することで、頭皮内で成長因子が作用し、乱れたヘアサイクルを正常に整えます。ヘアサイクルの成長期が正常に戻ることで、毛が太くなり、抜けにくくなるため、徐々に薄毛や抜け毛が改善されていきます。

不妊治療にも効果的

PRP療法は不妊治療の一つとしても用いられます。
子宮内膜が薄くなり着床が難しいという課題を抱える患者に対し、子宮腔内にPRPを注入することで子宮内膜の増殖や血管生成を促進し、これによって着床の成功率を向上させる治療手法です。

美容を目的としたケース

PRP療法は体の治療だけでなく、美容分野でも広く利用されます。美容目的のPRP療法は通常「PRP皮膚再生療法」と呼ばれ、美肌効果や肌質改善が期待されます。

血小板のみを使用するPRP皮膚再生療法

この治療では、患者の血液から抽出した血小板を濃縮し、悩みのある部位に注入します。自身の血液成分のみを利用するため、アレルギーなどの副作用が起きる可能性が低い安全な施術法です。

 

PRPに成長因子を添加したPRP皮膚再生療法

このアプローチでは、患者の血液から取り出したPRPに成長因子を添加することで、より高い効果が期待されます。成長因子の追加の有無は、クリニックや施術メニューによって異なります。

このようなお悩みの方にオススメです

1.目の周囲にお悩みがある方

目の周りに細かいしわが出て、凹んできたような気がする
光が当たるとクマが目立つ気がする(青いクマや茶色クマ)
目の周りがが乾燥気味となってしまい、ツヤがない

 

2.やせ型で肌にハリがない方

こめかみの小じわが目立ってきた
頬の小じわが気になってきた
頬の皮膚がたるんだり、しぼんでいる感じがする

 

3.口周囲にお悩みがある方

口の周りの小じわが気になる、または縦じわが目立ってきた
皮膚がくすんできた
肌に弾力がなく乾燥気味だと思う

PRP局所注射

主に気になる部位である鼻唇溝、マリオネットライン、上口唇の縦じわに、直接PRPを導入する方法です。ピンポイントでの導入・注入を行うため、PRPの活性効果が高まります。これは多くの方にとって基本的かつ効果的なPRP導入・治療法とされています。

ヴァンパイアフェイシャル

ヴァンパイアフェイシャルは、PRP皮膚再生療法で得られた血小板をダーマペンを使用して肌に浸透させる治療法です。ダーマペンを用いて微細な穴を肌に作り出すことで、自然治癒力が働き、肌が元の状態に戻ろうとします。この過程で真皮層で新しいコラーゲンやエラスチンが生成されますが、ヴァンパイアフェイシャルでは、PRP再生医療法で採取した自身の血小板を利用して、更なる効果を追求します。PRPは日本語で多血小板血漿と呼ばれ、血液中に豊富な血小板が含まれている血漿のことです。

血小板の役割

血小板には、傷口からの出血を止める役割があります。同時に、血小板は成長因子を生成し、これによって傷が癒え、怪我をする前の美しい状態に回復することが可能です。

PRP水光注射

水光注射は、韓国Medytox(メディトックス)社の医療機器であるNeurajet Plus(ニューラジェットプラス)を使用し、9針の特殊な針を使って美容成分を直接肌に注入する治療法です。この施術により、肌質が改善し、肌のハリや保水性、弾力性が向上することが期待されます。
PRP水光注射は、自身の血液から抽出した高濃度の血小板を肌に注入することで、最新の皮膚再生医療を提供しています。血小板には豊富なサイトカインが含まれており、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、弾力のある肌を促進します。
微量ずつ広範囲にPRPを注入できるため、お顔全体の浅いしわやたるみ、ちりめんジワなどを改善することが可能です。さらに、施術直後から潤い感がアップし、肌に明るさが生まれます。

他の注入治療との違い

シワに対する治療法として、ヒアルロン酸注入治療、ボトックス、PRP皮膚再生医療がありますが、それぞれの仕組みは異なります。 ヒアルロン酸注入治療は、肌の内側からヒアルロン酸を注入することで、肌を持ち上げ、シワを目立ちにくくする治療法です。 ボトックスは、表情を形成する際に繰り返し緊張する筋肉をリラックスさせることで、シワを軽減させる治療です。

一方で、PRP皮膚再生医療は、血小板が持つ「成長因子」の生成を通じて皮膚の再生を促し、シワを改善する治療法です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は元々粒子が大きい成分であり、そのため皮膚の薄い部分や浅いシワに注入すると、不自然なふくらみが目立つことがあります。この治療方法は安全で効果的ですが、注入された部分がわずかに硬く感じられることもあります。

PRP皮膚再生医療

広範囲に浸透し、自己修復能力によりコラーゲン線維にハリを与え、凹凸のない自然な仕上がりを実現できます。この治療法は、ご自身の血液から抽出した成分を使用するため、異物を注入する治療ではありません。注入後の感触はなめらかであり、皮膚の浅い箇所や微細なシワへの治療も可能です。

料金(税込)

1キット 2cc 77,000円

Web予約

TEL

友だち追加LINE

share